条件別・部位別ランキングをチェックして、自分にあった脱毛サロンを選ぼう!

脱毛施術後はどうすれば?

こちらのページでは、脱毛の施術後にするべきアフターケアについてご紹介しています。

アフターケアは、冷却×保湿

サロンではアフターケアとして、アイスノンのような冷却剤で冷却をしてくれたり、保湿剤を塗ってくれたりします。

脱毛のアフターケアは、「冷却」と「保湿」が重要なのです。

光脱毛やレーザー脱毛などを施した後は、お肌は熱を持ち、多少なりとも熱くなっている状態です。光脱毛の場合はそれほど熱を持つことはありませんが、医療機関で行われるレーザー脱毛は、出力が高いため、術後赤みを帯びるほど熱を持つことがあります。赤みを放っておくと炎症を起こすことがありますので、赤みが落ち着くまでよく冷やすようにします。
最新の脱毛機は、機器自体に冷却機能が付いているものも登場しており、アフターケアの時間を大幅に省くことに成功しました。そのような脱毛機を導入しているサロンを選べば、お肌へのダメージも最小限に抑えることができるでしょう。

アフターケアが施された後は、スタッフから入浴の注意点や日常生活の中で注意すべき点を説明されるはずなので、その指示に従うようにしましょう。

自宅でできる、脱毛アフターケア

自宅でのセルフケアで大切なのは、保湿です。
脱毛中は、普段以上にお肌を乾燥から守っておくことが必要。
お肌が潤っているのと乾燥しているのとでは、ダメージの受け方が格段と違い、場合によっては乾燥肌であるために脱毛を断られることもあります。
脱毛サロンの中には、自社で製造している保湿剤など、自宅でアフターケアできる化粧品を販売していることがありますので、それを利用してもいいでしょう。

また、脱毛中はカミソリなど、お肌にダメージを与えるようなものは使用してはいけません。カミソリ負けで肌が荒れてしまうと、光を照射できなくなってしまいます。また、毛抜きで毛を抜いてしまうと、次回の脱毛時に反応する毛がなくなってしまいますから、毛抜きも使用しないようにしましょう。
脱毛中の自己処理は、電気シェーバーがベストです。電気シェーバーでしたらカミソリよりも刺激が弱いですし、万が一手を滑らせてもお肌を傷つけることはありません。

脱毛後はUVケアは欠かさない!

脱毛中は日焼けをしてはいけません。
光脱毛もレーザー脱毛も、毛の色素であるメラニンに反応します。メラニンはメラノサイトという細胞で作られるもので、紫外線の刺激を受けると、紫外線や活性酸素から身体を守るため、メラノサイトが活発に活動し始めます。すると、メラニンが大量に作り出されてしまい、お肌が黒くなるのです。
そのため、光が毛ではなくお肌のメラニンに反応し、火傷を負ってしまう危険性があります。と同時に、光が反応する対象が分散されてしまうため、脱毛効果は半減。十分な効果を得ることができません。
日焼けをしてしまうと施術中に痛みを伴いますし、火傷の危険性があることから、サロンに足を運んでも施術を断られる可能性もあります。

日焼けをするのなら、脱毛を全て終えてからにしましょう。

 
HOME » ムダ毛のお悩み解決Q&A » 脱毛施術後はどうすれば?